「おばぁ」

海近くの路地を歩いていた
人の姿は見えないけど
窓を締め切った家は一軒も無かった
道からは家の中が丸見え
風が通り抜ける居間が懐かしい場所に帰ってきたようだ

こっそり眺めていると「あがってきなシャイ」
と後ろからおばぁが声をかけてきた
通りすがりなのにお茶と果物と昔話をしてくれた
ついでにお昼ご飯の情報まで教えてくれた

何処の国でも年よりは他人に対してオープンな人が多い
開け広げた気持ちだと誰にでも笑顔でいられる
旅に出るとそういう気持ちになれるけど
普段の生活でも大切な事だと思う
年寄りから学ぶ事はかなり多い