「自分の歌」

人は歌う事をいつ止めてしまうのだろう
音痴でも上手でも
誰でも心の中に歌がある
忘れずにいる人は笑顔でいられるんじゃないかな

石垣島の屋外ステージ
ちから強い日差しは人の歌まで元気にしていた
だんだん僕も自分の歌を思い出してきた
月はくっきり見えて
夜空はいつもより大きく見えた