「浜辺の散歩」


フィジーの離島のホテル
朝食の席が隣だった女性と食後に浜辺を散歩した
コーヒーのたっぷり入ったマグカップを持って
こぼれないようにゆっくりのんびり歩いた
立ち止まっては海を眺めコーヒーを飲む
プライベートビーチの端から端まで歩き終わる頃
カップは空になった
ニュージーランドから来た彼女は
滞在中、こうして毎朝浜辺を歩いているそうだ

”私の国も忙しいけど時間の早さを変えるのは簡単”と
朝食を食べている時彼女が言っていた
確かに
アイデア次第でリラックスする方法は沢山あるんだ