「犬と飼い主」を撮ること

「犬と飼い主」は犬だけをテーマにしたものではありません。
僕は人に興味があります。
犬だけではなく人も見て欲しいのです。
愛犬といる時の人が見せるさまざまな姿はなんて素敵なんだろう。
人と人との関係では見えづらい素直な姿が見えてくる。
何の飾り気も無い、ありのままのその人が見えてくる。
そんな人の表情が大好きで、僕は「犬と飼い主」を撮り続けています。
摩擦の多い人間社会でもちょっと力を抜いて
(たとえば愛犬といる時の様にリラックスして)
人と接すればもう少し楽しくなるのではないだろうか。
愛犬といる時の笑顔を人にも見せて欲しい。
愛犬といる時の素直な気持ちを人にも向けて欲しい。
人と人との距離が遠く感じる今だから、
「犬と飼い主」を通して僕は改めて人にクローズアップする。
人はこんなに表情豊で素敵な生き物なんだという事を写真を撮る度に思う。

これらの写真が人との距離をきっかけに少しでもなれば幸いです
まだまだ続きます。
たまにのぞいてみて下さい。

to top